血液疾患の在宅医療について

血液疾患の在宅医療について、以下のような問題点があります。CE032
血液疾患の経験のある医師が少ない。
病院でも人手が足りず不眠不休で働いている状態であり、地域医療にかかわる血液内科医の数はとても少ない
輸血や抗がん剤の対応が多い。
特殊な対応が必要となるため、対応してくれる在宅医は少ない
急に具合が悪くなることがある。
免疫力が弱い方も多く、急な熱や体調不良に対応するのが難しい
そのため、病院側も在宅側も、在宅医療へつないだ経験が少なく、経験の少なさがますますハードルを高くしています。