在宅医療について

通院が難しい・入院継続が難しい時、ご自宅に医師や看護師が訪問して、診療を行います。
身体状態が比較的安定している、或いは根治困難な状況で、在宅療養の継続を希望された場合に安全・安心して生活を続ける為に在宅医療を受ける事ができます。

高度医療を行う病院とは異なり、“医療が生活の一部”になる点が特徴的です。ご自宅での生活を穏やかに過ごせるように、生活を支える医療を提供します。
診察、お薬の処方や簡単な傷の処置、検査等を行うことができますが、CT検査をはじめ、ご自宅で行うことが困難なものもあります。
がん患者さんの療養支援のあり方として、「病院か在宅か」という2択ではなく、最近では「2人主治医制」で、病院の主治医と連携して、在宅医療でご自宅の生活を支える形も主流になりつつあります。